運営代行業者について|【マンション投資情報まとめ】賃貸保証会社を利用する際に必要な知識|賃貸運営MAGAZINE

運営代行業者について

マンション

airbnbについて

個人で民泊を行う方が増えていますが、その中でairbnbを利用して運用を行っている方もたくさんいます。海外から日本へ旅行にくる方もよく利用するサービスです。しかし、運営を行う方がやらなければいけない業務は数多くあり、宿泊を希望する方との問い合わせ対応、宿泊者を受け入れ対応、部屋の清掃や、宿泊者のレビュー対応まで、さまざまな手間がかかります。そのさまざまな業務を代行してくれる運用代行業者が存在します。

運営代行業者を利用する際に注意する点

airbnbの運営代行業者を利用する場合は、見つけてもすぐに契約するのではなく、しっかりと契約内容などを細かく確認することが大切です。すぐに決めてしまうと、品質の良くない業者にあたってしまった場合はすぐに解約できない可能性もあるからです。解約金が高額であったり、しっかりと対応を行ってもらえない場合もあるので、きちんと見極めて利用しましょう。

自分で運営する場合と代行業者に任せる場合を比較

自分で運営する

民泊を始める場合は、自分でも運営業務を行うことができます。airbnbを利用して宿泊先を探している方との深いコミュニケーションを取りたい方に向いています。airbnbは、旅行者との交流目的で利用する方もいますし、反対に民泊のオーナーと交流をし、訪れる地域のことについていろいろと話しを聞きたいという方も利用しています。
もし、全て自分で運用する場合は、宿泊者とのメッセージのやりとりを英語で行うこともできる能力が必要になることもあります。また、レビューの投稿や予約業務、airbnbのカスタマーサポートとのやりとりなどさまざまなことを行わなければいけないという点もあるので、自分で運用をしたい方は事前に民泊の知識を学んでおく必要があります。

運営を代行業者に依頼する

airbnbを利用した民泊の運営を代行業者に依頼するという方法もあります。初めてairbnbで民泊運営をする方や、民泊を始めたいが準備や計画を立てる時間がなかなか取れないという方に向いているものです。日本語が話せる宿泊者とのメッセージのやり取りはもちろん、海外からの宿泊者との英語でのやり取りも代行業者に依頼することができます。
他にも、トラブルが起こった際の面倒な対応も代行業者に依頼することができるなど、基本的に全ての運用業務を任せることができるでしょう。

広告募集中