頼れる賃貸保証会社|【マンション投資情報まとめ】賃貸保証会社を利用する際に必要な知識|賃貸運営MAGAZINE

賃貸保証会社を利用することで家賃滞納のリスクを軽減!

頼れる賃貸保証会社

レディ

賃貸保証会社について

賃貸保証会社とは、物件を借りている借主が家賃を支払わずに滞納してしまっている場合に、借主の代わりに貸主に対して家賃の建て替えを行ってくれる業者です。

保証料について

賃貸保証会社を利用する場合は、保証料を支払う必要があります。毎月の家賃の10%程度支払わなければならない場合や、初回は100%支払わなければならない場合もあるので、利用する前に保証料について詳しく説明を聞いておくことをおすすめします。

物件から近い賃貸保証会社を利用する

賃貸保証会社は家賃を回収する業務も行うため、なるべく物件のある地域内で利用できる賃貸保証会社を探すようにしましょう。電話による回収を行っている業者もありますが、実際に訪問しなくてはならない場合も想定し、賃貸保証会社を選ぶようにしましょう。

賃貸保証会社を貸主が利用

物件の貸主が賃貸保証会社を利用する場合ついて、説明していきましたがいかがでしたでしょうか。その他にも、貸主が賃貸保証会社を利用する場合の利点があるのでいくつかランキング形式でご紹介します。

貸主が賃貸保証会社を利用する利点BEST3

no.1

家賃滞納の心配がなくなる

賃貸保証会社を利用する一番の利点に選ばれたのは「家賃滞納の心配がなくなる」です。借主がしっかりと毎月家賃の支払いを行ってくれれば安心ですが、中には数ヶ月にわたって家賃を滞納してしまう方もいます。その滞納された家賃の立て替えを賃貸保証会社が行ってくれるのです。

no.2

借主から家賃回収を行ってくれる

第2位は「借主から家賃回収を行ってくれる」です。家賃を滞納している借主から家賃回収を行う場合は時間も精神面にも負担がかかってしまいます。すぐに支払いを行ってもらえない場合は、何度も回収に訪れなくてはいけないのでとても大変な作業になります。その回収作業も賃貸保証会社が行ってくれるのです。

no.3

裁判を申し立てる際の費用負担

「裁判を申し立てる際の費用負担」は第3位に選ばれました。賃貸保証会社が家賃滞納をしている借主から家賃回収作業を行ってくれますが、その回収ができず滞納が続く場合は裁判を申し立てることができ、その費用を賃貸保証会社に負担してもらうこともできるのです。

広告募集中